塩分が気になる人必見!味噌汁にはコレを入れよう

こんにちは、ホルスタインです。
最近雨が続いていて、肌寒く感じる今日この頃です。
こんな日には、温かいお味噌汁が飲みたくなります。

我が家の味噌汁

私の実家は薄味だったのですが、私が料理が下手なため、我が家は濃い味です。

味噌汁も味噌をどばっと入れちゃうので、当然濃いです。器に盛ってから薄めるなんてしょっちゅうです。

味噌汁に入れたら風味が増した

味噌汁の味が濃いのは私にとって、若干の悩みでありました。

そんなときふと、冷蔵庫にあるものを見つけて入れてみることにしました。

それは。。。ネギです!

言わずもがな、日本古来の薬味の威力は本当に凄いですね。

最後にぱらぱらっと味噌汁に入れると一気に風味が増して、味噌が少なくても凄く美味しくなります。

因みに私はどばっと入れます。

お勧めは長ネギ

最初に入れたのはこねぎだったのですが、長ネギで試した所、こっちの方が断然美味しかったです。

こねぎでも十分風味は出るので、後はお好みでいいかなと思います。

因みにネギは納豆に入れてもメチャウマですよ!これだけでご飯3杯いけます。

ネギは栄養素が沢山

ネギは昔から風邪にいいとか、美容にいいとか言われていますが、調べた所、本当に栄養がたっぷりの食材でした。

ビタミン類やカルシウム、ベーターカロチンなどなど、とにかく体にいいものが沢山!

その中でも気になったのは、ネギの辛味や臭いの元である、アリシンという成分。なんとこれ、抗菌作用と疲労回復効果があり、風邪予防にぴったりなんだそうです。

よく風邪を引いたらネギを首に巻けと言われているのは、このアリシンの為みたいですね。

因みにアリシンは水に溶けやすく揮発性があるので、刻んですぐ生で食べるのが効果的です。

保存は冷凍庫

ネギは刻んだら使う分ずつ小分けにしてラップに包んで冷凍庫に保存すると使いやすいです。

がしかし、ずぼらな私は刻んだら全部タッパーに入れて冷凍しています。

当然ネギが巨大な塊になるので使いにくい事この上ない!

だから使う前にいつも箸で崩してから使っています。

注意点は、アリシンは揮発性があるので、切って保存すると無くなっていきます。栄養素をしっかり取り入れたい場合はそのつど刻む方がいいです。

これからの季節、温かい味噌汁にはぜひネギを入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました