人生初の浄水ポット

こんにちは。たら子です。今日はたら子が買ってよかったと思った、浄水ポットについて熱く語ってみたいと思います。

浄水ポットを買った理由

そもそも、今まで水道水の水で全然問題なかったたら子が、どうして浄水ポットを買ったのかというと、引っ越し先のカルキが半端なかったからです!

我が家はやかんではなく電気ケトルでお湯を沸かすのですが、東京にいた頃は全然汚れなかったケトルが、引っ越し先の水道水を沸かしていたら2か月たたずに中がカルキまみれになってしまいました…。

しかも最初は全然気づかず、沸かしたお湯をカップに入れてたら、何か白いものが浮いてるなぁ。でもまあ飲めるやろ。と思っていたわけで、ある日何とはなしにケトルの中をのぞいてみてびっくり仰天でした。

そんな頻繁にケトルを掃除するのもめんどくさいたら子は、浄水ポットを買うことを決めたのでした。

ポットにした理由

浄水が出来るものとして、蛇口とかに取り付ける浄水器や、どーんと台所等において、水タンクが定期的に送られてくるウォーターサーバーとかいろいろあったのですが、蛇口に取り付けるタイプは大きさとかが間違ってたら嫌だし、サーバーは場所を取っていやだし、7歳の長女が変にお湯の方構って火傷するのも怖い。ポットタイプなら失敗してもそんなに懐も痛くないし、浄水もそれほど手間ではないだろうと思ってポットにしました。最後は金ですよ金。いかに安く、かつ手間もかからないものを求めた結果です。

購入そして使用

まずは某amaz〇nさんで、ある程度購入されていて、レビューも多いものを見比べ。

低評価のレビューを読んでみて、許容できそうだったり、初期不良のような確率的なものだったりしたものをチョイス。

さらにさらに、容量については7歳の長女が一人で注げる重さを考え、浄水量1.3リットル、全容量2.3リットルをチョイス。で、冷蔵庫の扉ポケットに入る大きさ。

ぶっちゃけカルキがどうにかできれば良かったので、除去項目などは丸無視!

そして届いたその日に使ってみました。

浄水ポットのメリット

さて、使ってみたポットのメリットをいくつか書いてみたいと思います。

  • ガチでケトルにカルキが付きにくくなった。というか現在(2週間くらい)カルキがついてない
  • 水のままだと味の違いは判らなかった(味音痴)けど、麦茶がめちゃウマになった
  • 何となく体に良い感じがする(ヲイ)
  • 浄水が短時間
  • ポットなので丸洗い出来て衛生的(たら子が買ったのは食洗器も可らしい)
  • 1リットル当たり約7円なので、ペットボトルで買うより経済的!!
  • 無理な力をかけたりしない限り壊れにくい
  • 7歳児が一人で注げる

浄水ポットのデメリット

今度はたら子が使ってみてうーん。と思った所を上げていきます。

  • 浄水部1.3リットルだとすぐになくなる
  • (物理的にものが増えるので)冷蔵庫が狭くなる
  • 洗うのがめんどくさい
  • 浄水した水はその日のうちに飲まなきゃいけない(たら子は気にせず2日目も飲んでます)
  • 大きな容量だと小さめの冷蔵庫のポケットに入らない
  • 浄水するのに水道水を入れるというひと手間がいる

こんな感じでしょうか

まとめ

総合して、たら子は浄水ポットを購入して良かったです。とにかくケトルが汚れないのが本当に嬉しい!!!

そして麦茶がおいしくなった事に感動しました。

ただ、最初はケトルで沸かすものだけに使おうと思っていたのですが、気づいたら炊飯やら味噌汁やらにも使っていて、1.3リットルだと足りない感じです。浄水時間はそんなにかからないので、すぐ足せるんですけどね。

そもそも、麦茶のポットも2リットル近くあるので、浄水量2リットルでも子供は扱えたかなあと今更思っています(全容量に水を入れることはないので)

なのでカートリッジを替える時に、2リットルを購入してみようかなと思っているたら子でした。

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です