心が楽になる ホ・オポノポノの教え

出展:写真AC

こんにちは、たら子です。

前回は、ホ・オポノポノについて書きましたが、今回は参考にした本のレビューをしたいと思います。

読んだ本は

心が楽になる ホ・オポノポノの教え

イハレアカラ・ヒューレン

イースト・プレス

です。

概要

この本は、本編が7章に、QA,鼎談。そして章と章の間にコラムと体験談があります。

基本的には、ホ・オポノポノをしていくことでどんな効果があるのか、どう変化していくのかが書かれていました。

  1. クリーニングするということ
  2. 苦しみを手放すということ
  3. 生きるということ
  4. 自分を愛し、ケアするということ
  5. 答えはすべて自分の中に
  6. 神聖なる存在が教えてくれること
  7. ゼロになるというと

という順にホ・オポノポノについて説明をしています。

ホ・オポノポノとは

前回も書きましたが、ホ・オポノポノは

  • ありがとう
  • ごめんなさい
  • 許してください
  • 愛しています

の四つの言葉を言うことで、自分の潜在意識にある記憶を消していく事で、自分の内外にある様々な問題を解決していくものです。

なぜなら、自分に降りかかる問題は、すべて潜在意識の記憶によるものだから。

そして記憶を消していく事により、神聖なる存在と繋がる事ができ、本来の自分になれる。

そう、ホ・オポノポノとは、本来の自分らしく生きていくためのものなのです。

感想

たら子は昨年から潜在意識について調べたり学んだりしていたので、なるほどなぁと思って読んでいました。

結局のところ、自分の人生に責任を持っていないと、自分らしく生きていく事は難しくて、そのために、いろんな執着とか、こだわりを手放していく事が大切なんだと感じました。

で、そのためにとにかくどんな時でも念仏のように四つの言葉(愛していますだけでもいい)を唱え続けろって、事でした。

鼎談(三人でのお話。たら子は初めてこの言葉を知りました・・・)ではもうそれしか言ってなかったです。何を質問してもクリーニングですしか言ってなかった・・・。それだけシンプルで大事なことなんですね!

まとめ

人生に悩んだり、問題を抱えたら、魔法の言葉

  • ありがとう
  • ごめんなさい
  • ゆるしてください
  • 愛しています

を唱えよう!

今日はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました