美女と野獣 ガストンの行動力に学ぶ

アニメ・映画
出展:http://deadcurious.com/2013/06/05/disney-princess-retrospective-belle/

こんにちは。ホルスタインです。

私は昔のディズニーアニメだったら、ダントツで美女と野獣が好きです。次点でアラジンかな。

何が好きかって、野獣のモフモフが堪らないんです。
野獣は野獣のままでいて欲しかった・・・。

野獣についてはさておき、今回はガストンについて書いていきたいと思います。

ガストンとは

出展:http://deadcurious.com/2013/06/05/disney-princess-retrospective-belle/

ガストンはベルの住む町で一番モテる男性です。町中の女性はガストンにメロメロ。ベル以外は。
狩が非常に得意で男性からも羨望の眼差しで見られていますが、ベルは彼になびかない。
そんなベルを見て、「絶対にベルと結婚する」と決めた彼の行動力が本当に凄いのです。

ベルへの求婚

ベルへの求婚は全部で4回(3回)ありました。それぞれ熱い物があるので見てみましょう。

1回目

本屋からの帰りのベルを待ち伏せし、付き合おうと言い出すガストン。もちろん相手にされません。

2回目

これはある意味衝撃的でした。
家で一人でいるベル。ベルの家の前ではガストンがベルとの結婚式の準備(!?)ベルの家に訪ねて結婚をせまると、またもや返り討ちに。
まさか両家の承諾も得ずに、付き合ってもいない相手との結婚式をしようとするガストンまじ凄い。

3回目

まさかそこまでやる!?というのが3回目。
野獣の事を話すベルの父親を、気が触れたと精神病院に入れようとします。
そしてベルが結婚に承諾すれば助けてやる!と。
もはや脅迫!!

4回目

これはベルに直接言ったわけではないのですが、ガストン凄いなと思った場面です。
野獣の屋敷にて、野獣とやりあっている時に発した言葉。
「ベルは俺のものだ!」
いままで全然相手にされてなかったですけどー!!
それでも言っちゃうあたりガストンの自己肯定感ほんと尊敬します。

ガストンの行動力の元は自己肯定感

ガストンは4回ベルにアタックしますが、最後は谷底に落ちてしまいました。
結果としては報われませんでしたが、彼の目標に対して全力投球する姿勢は素直に凄いなと思います。

さて、彼がなぜそこまで諦めずに行動できたのか。
私は自己肯定感の強さだと思いました。
流石に2回も失敗した後は、酒場でふて腐れていましたが、その根底も、「なぜこの俺がプロポーズをしているのに受け入れないんだ!おかしい!」という自信があります。そして皆に持ち上げられて「そうだろう、俺は完璧なんだ!」という気持ちを思いだし、3回目のプロポーズへと向かいます。

上辺だけの自信であれば、もっと落ち込んだり、凹んだりすると思います。けれど彼は自分の経験、積み重ねによって、自信を得、そんな自分を愛しています。
これが全てではないかと思いました。

もちろんそうなるまでにはたくさんの失敗もあったと思います。だけど失敗は成功の元ですからね。ガストンの性格はさておき、何度でも挑戦する力を養うためにも、子供にはどんどん失敗させましょう(無理やり子育てに繋げました!)

まとめ

何でもかんでもポジティブに、と言うことではなくて、自己肯定感を持つ事で、ガストンのように行動力のある男になれる!

みんなもガストンを見習おう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました